スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2 にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村

[edit]

tb: -- | cm: --

セピア色の風・・・消し去ったハズの記憶 

すっかり春らしい陽気になってきましたね。

東京はもう桜が満開みたいですね。

山の奥はやっと梅が花開きました。

こちらの桜は例年より少し早めの四月下旬くらいですね。

2015梅の花

さて、今回はちょっと昔話をしたいと思います。

きっかけはyukie3のブログに、昔サーフボード型のキーホルダーが会員証の

ディスコがあったよ、なんてコメントした事から始まりました。

そのキーホルダーの写真を見て、懐かしい音楽と共に蘇ってくる記憶・・・

しかし、なぜか思い出すにつれ、胸が痛く・・・目頭が熱くなる・・・

何故なんだ・・・それは胸のずーっと奥の

深い闇の中に消し去ったハズの事・・・・

セピア色のあの頃の記憶が鮮明に蘇ってくる・・・


バブルの終焉はもう少し先、好景気に日本中が浮かれていました。

丸井のカードで無理してローンを組んで買った服を纏った私達は

いつもの、心地よい低音が響き渡るダンスフロアにいました。

周囲の女の子をチラチラみている男4人はどこから見ても怪しく見えたハズ。

その時、私は十八歳。某専門学校在学中で都会人一年生。

いつも一緒に踊りに行く友人は自称ナンパ師。口を開けばナンパの自慢話ばかり。

そんな自慢話とは裏腹にナンパしている姿を見ることのない自称ナンパ師。

奴らの話にはうんざりしていた私は適当に聞き流していました。

光2

その頃の私には知美という同じ年の彼女がいました。

知美と出会ったのは半年前・・

最初に惚れたのは私。付き合ってもらえた時は飛び上がって喜びました。

その頃はすでに、絶対に俺はこいつと結婚するんだと心に決めていて

事あるごとに、俺と結婚してくれと言っていました。

まぁ、お金持ちになったらね・・なんて軽く流されてましたけどね(笑

そんな状態だったので、他の女の子に興味が無いといったらウソになるけど

ナンパとか、そんな事はどうでも良かったのです。

大音量の音楽、腹に響く低音、カッコよく踊るお兄ちゃん、派手なおねーちゃん。

田舎者の私にはその刺激的な空間が堪らなく魅力的だったのです。

ふと、周囲を見渡すと、私達が座っている席から

ちょっと離れた席にOL風の女の子2人が座っていました。

自称ナンパ師達は、その子達をチラチラと見てはいたのですが

さすがに声を掛ける度胸のある奴はいません。

そんな中、本物のナンパ師達が彼女達にアプローチを始めました。

畳み掛けるように誘う彼らは傍から見てもしつこく感じました。

「あれっ、久し振りだね。こんな所にいたんだ・・・」

女の子達の困った様子を見かねた友人が機転を利かせて割って入りました。

なんだよ、知り合いかよ・・本格的なナンパ師達が退散したあと

「こっちで一緒に飲まない」なんて、ちゃっかりとナンパしている自称ナンパ師。

そんな感じで、図らずとも女の子と一緒のテーブルで飲む事になった私達。

聞けば彼女達はここは初めて来たんだそうでいつも二人で遊んでいるんだとか

見たところ・・・タメ(同じ年)か一歳上位・・・

なかなかキレイで、ちょっとおとなしい感じ。大人の女性に見えました。

暫くして、その娘達は終電になるからと席を立ち

友人達が連絡先を教え始めたので、私も便乗して連絡先を教えました。

その後も自称ナンパ師4人組はいつものように踊って、飲んで、騒いでいました。

ディスコって、その昔は朝まで営業していたみたいだけど、

この頃、ちょうど風営法が変わった後で12時で閉店。

その後は居酒屋で朝まで飲んで始発で帰宅するのがいつものパターン。

光

それから2日くらい経ったある日、アパートの電話が鳴りました。

当時は携帯など存在さえも知らず、ナンバーディスプレイすらなかったので

とりあえず出なければ誰からの電話かわからないような時代でした。

たぶん知美かな・・・なんて受話器を取ると・・・

私、覚えてる・・・なんて・・・この前のディスコで会った女の子からでした。

出会った時は大音量のディスコの中・・・

それもお酒が入っている状態だったので緊張もしませんでしたが、

シラフの状態でナンパで知り合った娘と話す事など初めての私・・・

実は、震える声を抑えるのが大変でした。

「仕事なにやってんの?」

「何やってると思う?」いたずらっぽく答える彼女がまた大人っぽく感じました。

「OLでしょ?」

「はずれ・・・・学生なんだよね」

「どこの大学?」

「大学生じゃないんだよね」

「じゃあ専門学校?」

「それもハズレ」

「まさか高校生?」

「じゃなくて・・・その下」

「えっ・・・中学生!!!」

「そう。今、中三なんだ」

「ええーっ・・・・」物凄い衝撃が私の頭を駆け抜けていきました。

その子の名前は未希ちゃん。

中学3年生で、この前はお友達とディスコで冒険してみたんだそうです。

しかし、女って恐ろしいですね。

バッチリお化粧した彼女たちはOLにしか見えませんでした。

ガキには興味が無かった私はそのまま受話器を置こうかと思いましたが、

この妙に大人っぽい女の子になんだか興味が湧いてきて

まぁ、とりあえず一度だけ会ってみようと考え直した私。

その日待ち合わせたのは渋谷。

三つ編みの制服姿で現れた彼女はこの前とは別人。

「これから塾なの」と帰っていく姿はただの子供でした。

まぁ、またそれは新鮮ではありましたが

しかし、本当に下心はゼロに近くただの興味本位だったので、

未希とは一度会っただけで、次第に連絡も途絶えてしまいました。

もちろんそんな事は知美は知らなかったのですが・・・

まぁ、今考えると実は薄々気づいていたのかもしれませんねぇ。

それから何年かたったある日の事・・・・

すでに就職して、仕事にも慣れて多忙な毎日を送っていた私。

しかし、知美とはすれ違いの日々が続いていました。

すっかり醒めて離れていく恋心・・・そして、ついに破局の日を迎える二人。

もちろん、振られたのは私。暫くは立ち直れませんでした。

そんな失意の日々を送っていたある日の事、突然電話が鳴ります。

「もしもし、あたし・・覚えてる?」忘れもしないその声は

あれから3年が経ちもうすぐ高校も卒業、就職も決まった未希からでした。

未希は「子供は相手にできない」と言っていた

私の言葉を覚えていてくれたのでした。

きっと・・俺はこの娘と付き合う運命だったんだ・・・と思い込みの激しい私は

このまるで映画のような展開に酔って、すっかり舞い上がっていました。

早速、逢う約束をして受話器を置くと・・・また暫くして電話が鳴ります。

それは、さっき話して間もない未希からでした。

そんなに俺の声が聞きたいのか・・・

すっかり有頂天になっている私に予想外な言葉が・・・

「友達から聞いたんだけどさ・・・あんた彼女いるんだって!」

「えっ・・・いや・・・ついこの間までいたんだけど、もう別れたんだ」

「嘘つかないでよ。嘘つきは大嫌い」

ガチャン!・・・・プ~・・・プ~・・・

力なく座り込む私・・・・

・・・私は僅か一週間の間で二人の女性に振られたのでした。



なんだか私の人生、こんな事の繰り返しのような気がしますねぇ。

しかし、そんな浮き沈みの激しい人生も悪くはないかなー

・・なんて思っている私は、きっとかなりの楽天家なんですね(笑

IMG_3075.jpg

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

気候の変化が激しい季節です。お体には充分お気を付けくださいね。

では、また
web拍手 by FC2 にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
思い出の関連記事

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

カテゴリ

ブロとも一覧

今日の日付入りカレンダー

今日の月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。