参月の風・・・・一番咲きの・・ 

今日も暖かな一日でしたね。

皆様、お元気でお過ごしですか?

お山の雪もさらに溶けてきました。

sama327.jpg

本日は所用があり、真田氏のお膝元まで行ってきたのですが

梅もすっかり花開いて、桜も間近という感じでした。

来月、4月5日から千本桜まつりが開催されるようです。

また、そちらもレポート致しますね。

それでは、咲き始めた小梅の花たちをご覧ください。

これは、まだ蕾ですね。
小梅327

咲き始めてきました。
小梅3272

遠目で見るとこんな感じ。

小梅3273

何輪か咲いています。

小梅3274


さて、本日は前回ご紹介した小梅について語っていきたいと思います。

前回の記事で、小梅の蕾の写真を掲載したのですが

実は撮影時に一輪だけ花開いている小梅があったのです。

本当は、「一番咲きの小梅」なんて記事を書こうかと思ったのですが

ちょっと躊躇したのでした。

何故、躊躇したかというと見た目が美しく無かったからなのです。

折角来ていただいた皆様に、少しでも美しい写真を見て頂きたいとの思いがあり

次に咲いたものを載せようと、そう思って前回の記事を公開したのですが、

この一番咲きの小梅についてのある思いが頭に浮かび

それがどんどん大きくなっていき、この一輪の存在が私の中でとても大きいモノになっていました。

これが前回掲載しなかった「一番咲きの小梅の花」です。

小梅3275

見てお分かりになるように、後ろ側がちょっとゴチャゴチャしています。

これは何かというと、枯葉なのです。

他の小梅がまだ蕾なのに対して一輪だけ完全に開花しています。

これは私の私見なのですが・・・・

小梅の開花は気候とか気温が密接に関係していて、咲くときは同じタイミングで咲くのです。

しかし、この一輪は他の蕾とはちょっと違っていました。

枯葉が花床からガクの部分を覆っているので、寒気を防いでくれた。

その為、蕾全体が他の蕾より暖かくなり、

開花時期が来たと勘違いして咲いてしまった・・・という事が考えられると思うのです。

これこそ偶然・・・運命そのものではないかと思うのです。

この小梅の花は、まさに選ばれた一輪なのです。

偶然、枯葉が付いた為に一番に咲く事になった。

一つひとつの蕾は同じなのに、その環境で咲く順番が変わってくる。

自然が作り出した環境は運命と言えると思います。

これは人間も同じで、生まれた環境、置かれた環境で性格から選ぶ道まで変わってくると思うのです。

大昔は生まれで人生が決まってしまっていた時代もありました。

現代でも、国によっては生まれた環境で一生が決まってしまう所もあります。

現代の日本に生きる私達は生まれや容姿を選ぶ事こそできませんが

自分で自分の環境を変える事ができます。

そう・・・自分自身で運命を変える事ができるのです。

自分をとことん信じて、自分自身が才能を発揮できる環境を作っていく・・・

それこそが、自分自身で運命を切り開いていくという事なのではないかと・・ふと、考えたのでした。

そう考えた途端に、あの一輪がとても凄いモノに思えてきて、なんだか大切に感じたのでした。

「未来の自分の運命を作っていくのは今の自分」

暫くは自分に言い聞かせていこうかな、なんて思ってます。

「今日のラーメンが未来の成人病」・・・・

・・あれっ・・・なんかちょっと違うような・・・

今日の満月・・・曇っちゃいました

月2

今回は、私の戯言だと思って聞き流してくださいね

では、また

web拍手 by FC2 にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



思った事の関連記事

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

カテゴリ

ブロとも一覧

今日の日付入りカレンダー

今日の月